ウィルチェアーラグビーの日本代表候補の羽賀さんが見えました。バスケットコートと同じ大きさのコートで、相手を倒すような激しい当たりを見せるウィルチェアーラグビー。激しい闘志を内面に抑えてか大変やさしい人柄です。 写真は、ウエットチッシュ9000個を南阿蘇村に持っていくため車に積み込んでいるところです。南阿蘇村に電話したところウエットチッシュの応援依頼があったものです。 新京成の元山駅と上本郷駅の駅舎内に、小規模保育所(0~2歳児)を開設しました。駅舎内に保育所が開所するのは県内初だそうです。 琴奨菊のパレードすごかったですね。本来2台目には、お相撲さんや名誉市民の方に乗っていただきたいと思ったのですが、いずれも日程調整できず、私もオープンカーに乗ることになりました。 子供の貧困の連鎖を断ち切っていくべき、市としても検討チームを立ち上げました。この問題はすそ野の広い問題で、簡単には解決できませんが、一歩ずつ進むべきだと思っています。  こどもは未来、みらいフェスタが開催されました。松戸駅西口、伊勢丹前、西口公園です。私は、子供たちと一緒に3.11被災者へのメッセージとして『松戸市民は3.11を忘れない!』を書かせてもらいました。 松戸・七草マラソンが開催され5056人が完走されました。今年はルーマニアから2人のリオ・オリンピック代表候補選手が参加。お名前はクラウディア・ステフ選手(女性)とマリウス・イオネスク選手(男性)です。 馬橋地区社会福祉協議会が開催され参加させて頂きました。 松戸市の魅力を発信するラジオ番組「MATSUDO HAPPY☆topics」がFMラジオ局「bayfm78(ベイエフエム)」でスタート!! 常盤平団地の『望みの広場』で版画展示場の除幕式が行われました。 難病手術に成功した響子ちゃん帰国 縄跳びダブルタッチで全国優勝 優秀提案を行った職員の表彰式が行われました 東松戸駅に新しくタウンカフェが開店しました。東松戸商店会が、国の補助によって、市民の憩いの場として開店させたものです。 昨年から、市立松戸高校の国際人文科の1年生約40人が、マレーシアに数日間程短期留学することにしました。 松戸市は千葉大と総合的な協力協定を結んで、いろんな面で千葉大の協力を得ていますが、年に1回、学生を相手に講義をすることにもなっています。  松戸駅西口に自動送迎ステーション「アクセプト松戸」をオープン 東松戸祭りに参加しました。 松戸の企業様と物資供給協定 鳥取県倉吉市の子供達との交流会 韓国テグ市とのスポーツ交流会 専修大学松戸高校 県大会優勝祝賀会 専修大学松戸高校が松戸から初の甲子園出場を勝ち取りました 市政協力制度見直し 専修大学松戸高校を応援風景 オーストラリア・クーナン高校への海外研修 元鳥取県知事の片山善博市を呼んでの、図書館シンポジウム。 小金原保育の会創立40周年記念。 松戸花壇づくりネットワークが国交省の大臣表彰をいただきました。 松戸市のオリンピック・パラリンピック推進委員の会議です。 放課後児童クラブのバーベキュー大会に参加しました。 流鉄開業100周年記念祭が、馬橋駅、流山駅の両駅で行われました。多くの鉄道マニアもいて大変な賑わいでした。 特別養護老人施設が東松戸駅近くの丘の上に竣工しました。

松戸クリーンディが実施されました

年に2回『クリーンデイ』と称して、市内一斉に、清掃活動を行っています。自治会・町内会が中心で地域の清掃が行われ、毎回数万人の方に参加していただいています。ありがとうございます。そして、年に1回江戸川の堤防の清掃も行われています。利根川との分岐から、東京湾まで約110キロあります。一度自転車か歩きで上流・下流にいっていただくと大変気持ちがいいものです。私も、あと野田地区が残っています。いつか制覇したいと思っています。当日、江戸川を挟んだ市、区が一斉に清掃しました。江戸川は、憩いの場だけでなく江戸川流域の人の飲み水になっています。みんなできれいにしましょう。

防災会議の開催

松戸市の防災会議が開催されました。警察を始め、医師会、県など、災害があった時の関係者が一堂に集まって、松戸市の防災体制について議論する会議です。トピックスは、医師会が中心となって、災害時の医療体制を整理していただいたことです。特に地域ごとの医療体制の整備が報告されました。又助産婦さんからは、避難所での妊産婦に対する支援体制が報告されました。いずれも積極的に支援体制を組んでいただいており、この場をかりてお礼を言いたいと思います。

市政協力委員制度の廃止と町会・自治会連合会の発足

昭和29年以来62年続いた市政協力員制度に幕が閉じられました。退任される市政協力員さんに感謝状を交付させていただきました。ご苦労様でした。今後は、市政協力員制度に代わって新しく、自治会・町内会の連合会を編成していただき、市とこの連合会との間で契約を締結し、自治会・町内会を通じて行っていただきたいことについて依頼することになりました。写真はその調印式です。これによって、地域の高齢者を一人一人守っていただくための協力依頼、災害時の防犯訓練のお願いなど、自治会・町内会を通じて行っていくことが可能になりました。まさにこれから必要なのは地域力。自治会・町内会の力量に負うところが大変大きくなります。

常磐アートライン会議が開催されました

『Jobanアートライン』という会議が開かれました。上野に芸大があり、その沿線に芸大の学校や寮(松戸)があることから、年に1回、上野から取手の間の区長・市長、芸大の学長、JR東日本の東京支社長が集まって意見交換する会です。松戸市の文化活動のPRはもとより、常磐線沿線のイメージ向上のためにもっと、地域連携を図っていこうということを提案させていただきました。それぞれの市・区が活動をしても限界がありますので、関係者がもっと連携し、アート活動、イメージUP活動をしようということです。常磐線の名称変更も議題の一つに挙げてもらいたいと思っています。会議終了後、バーミアン天井壁画について芸大から説明を受けました。芸大の底力を感じる傑作でした。

オリンピックへの松戸ゆかり選手壮行会

リオ・オリンピック・パラリンピックに出場する松戸ゆかりの選手の激励会が流経大学で開催されました。ただ、合宿中だったりして、出場者は1名でしたが、みんなで激励しました。リオには多くの選手が出場しますので、みんなで応援しましょう。松戸ゆかりの選手は、追って紹介させていただきます

子供の未来を応援する首長連合会発足

子供の未来を応援する首長連合が発足しました。子供を貧困等から守るのが主な課題になります。関係市と意見を
交換しつつ、連携して対策を打っていきたいと思います。

ライオンズクラブがマレーシアに救急車2台を寄贈されました

松戸のライオンズクラブがマレーシアのライオンズクラブに、松戸市の廃車予定の救急車2台を再整備し贈呈。贈呈式には、駐日マレーシア大使も出席し贈呈式が行われました。両国の懸け橋になっていけばと思います。

松戸体育協会、明治大学校友会から寄付を頂きました

体育協会から熊本地震支援のため100万円を超える寄付をいただきました。松戸体育協会会員の方からの寄付だそうです。又明治大学の校友会から車いす20台の寄付をいただきました。これは松戸市の特別養護老人ホームの方で使わさせえていただきます。どうもありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

ランクアップされて松戸女子オープンテニスが開催されました

栗ヶ沢テニスコート松戸女子オープンが今年から格上げされて開催されました。賞金総額は100万円、全国のランキング50位ぐらいの人が参加していました。年齢的に高校生から大学生ぐらいで、将来の日本を背負う若手が中心でした。栗ヶ沢テニスコートですから、目の前で見る迫力は相当なもの、音が違いました。これからは、もっと子供たちに見ていただくといい刺激になると思いました。

本郷谷けんじ後援会Facebook

後援会広報誌

本郷谷けんじの活動を多少なりとも、ご理解いただけると幸いです。
トップページメニューの“後援会広報誌”から、もしくは下記画像よりご覧下さい。

本郷谷けんじ後援会 会報誌 23号

市政懇談会は終了しました

たくさんのご参加ありがとうございました。

  • 7月22日(水):ゆうまつど
  • 7月23日(木):小金原市民センター
  • 7月29日(水):ゆうまつど
  • 7月30日(木):東部スポーツパーク