2015年12月の日記

12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月20162017

常盤平団地の『望みの広場』で版画展示場の除幕式が行われました。
作者は大野隆司氏。読売新聞(言葉のアルバム)に連載するなど活躍されている方です。
大変あったかみのある素晴らしい作品32点です。普通の時は通り過ぎていただき、何か思い悩むことができたとき見てほしいということでした。

北部市場の隣に、日立物流マラソン部の合宿所があります。
日頃は市の運動公園で練習していて、今年も新春恒例のニューイヤー実業団駅伝に出場します。先日行われた東日本予選で5位。今年こそは好結果が期待され過去最高の10位入賞を目指しているそうです。1月1日群馬県庁をスタート、TBS8:30放映されます。

国際交流協会のパーティーが森のホールで行われました。
多くの子供たちも参加して行われました。松戸市には13千人を超える外国の方が生活していますし、2020年オリンピックパラリンピックでは、運動公園や、江戸川、競輪場などを利用した事前キャンプ地として松戸市も名乗りを上げています。松戸市をもっともっと国際化していく必要があると思っているからです。先日、ドミニカ共和国の大使が訪問され友好を深めていきたい旨の申し出がありました。大変ウエルカム。来年は、姉妹都市ホワイトホース市との45周年、5年ごとに行ったり来たりしていますが、来年は松戸がホワイトホース市を訪れる番です。多くの人の参加を待っています。

松戸市の魅力を発信するラジオ番組「MATSUDO HAPPY☆topics」がFMラジオ局「bayfm78(ベイエフエム)」でスタート!!
今年の4月にシティープロモーション室を作り、松戸市もシティープロモーションを開始しました。、少しずつ松戸の魅力を市外の人にも理解していただこうという活動です。共働き子育てしやすい街ランキングで、松戸市は県内1位、全国9位の評価。高齢者政策の評価でも、松戸市は県内2位の評価。いずれにしてもレベルの高い評価を受けました。そういった松戸市の魅力を発信するため、初めてFMで、松戸市のPR番組『MATSUDO HAPPY☆topics』をスタートさせました。来年1月7日から3月31日まで毎週木曜日の15時53分から4分間。時間があったらぜひ聞いてください。

『共働き子育てしやすい都市ランキング』で松戸市は、全国9位
日経ヂュアル(日本経済新聞社)が、『共働き子育てしやすい都市ランキング』を発表しました。松戸市は、全国9位(東京都を除く自治体)、当然ながら県内1位。子育て環境の整備に力を入れている松戸市として、うれしい評価です。これからも、共働き子育てしやすい街を目指してがんばります。

ドミニカ大使が表敬訪問
秋に海外の大使を呼んで松戸のなし、戸定邸、相撲部屋などを見ていただいたイベントをきっかけに、ドミニカ共和国との関係が密になりつつあります。ドミニカ共和国はカリブ海にある1000万人程の国で、野球王国。アメリカ大リーグに多くの選手を輩出しています。又、日本の移民が入植した国でもあって、大変親日。この度ドミニカ大使が松戸市役所を訪れてくれました。

ドッチボール女子が全国大会へ
中学生以上の女子で争う、ドッジボール全国大会への出場。松戸のチームが知る人も知る、全国2連覇中。3連覇を目指して気合が入っていました。優勝目指して頑張れ。

難病手術に成功した響子ちゃん帰国(本郷谷市長談)
響子ちゃんお帰りなさい。自分の病気を聞いたとき、大変つらかったと思うし、痛かったこともたくさんあったと思う。それでもよく響子ちゃん頑張ったね。そして多くの支援者の方たち、本当にご苦労様でした。響子ちゃんほど早く募金が集まったことがないそうです。それを聞いたとき、松戸市民の心のつながり、温かさを感じました。松戸市にとってこれが一番の財産だと思います。みなさんありがとうございました。

市立病院の地鎮祭、起工式が行われました。
市立病院の建て替えの話が出たのは、阪神淡路大震災の時ですから、今から20年近く前です。でも、やっとここまでこぎつけることができました。これからは、事故なく工事を進め、2年後の12月に開院を迎えることです。そして、市民の負託にこたえ、民間病院と一体となって、医療のまち松戸を作り上げていくことだと思っています。これからに期待していてください。

2015年11月の日記

12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月20162017

ナミュークラッシクバレーコンクール幸谷小学校4年生の星野きらさんが、小学生低学年の部で優勝
名古屋で開催された、第5回ナミュークラシックバレーコンクールで幸谷小学校4年生の星野きらさんが、小学生低学年の部で優勝しました。
お母さんがバレーの先生をしていることもあって、物心ついたことからバレー練習場で遊んでいたとのこと。昨年だったか、新松戸のバレースクールで練習していた子が世界的なコンクールで入賞したり、松戸のバレーは盛んでレベルが高いそうです。


保育園きぼうのつばさ落成式(本郷谷市長談)
今年もたくさんの保育園を開所しています。時代の流れから待機児童をなくし、子供を預けたい人は誰でも預けられるようすることです。特に今力を入れているのは、0~2歳用の保育園、小規模保育園です。
定員は19人ですが、0~2歳の子供たちにとっては、大きな保育園より小規模保育園の方が目が届くから適しています。
昨年まで10園しかなかった小規模保育園を今年だけで15園ぐらい増設を予定しています。これでもまだ要望に追いついていません。でも全力を挙げて整備させていただいています。

大船渡市に自転車寄贈(本郷谷市長談)
JR大船渡線は、開通したそうですが、駅前から観光地や各施設へのバス路線・タクシーなどの2次交通機関の整備が遅れているそうです。そこで、自転車を駅に置いて自由に使えるように、中古自転車の譲渡の申し出があったものです。
市内で放置され引き取り手のない自転車100台を寄付しました。大船渡市長をはじめ大変喜んでいただいたそうです。まだまだ復興は終わっていません。支援できることは積極的に支援したいと思っています。

縄跳びダブルタッチで全国優勝(本郷谷市長談)
松戸の子供たちみんな本当に頑張ってます。北小金中学校の生徒がダブルタッチも全国大会で優勝して、世界大会出場。上位入賞を目指してください。

東松戸駅に新しくタウンカフェが開店しました。
東松戸商店会が、国の補助によって、市民の憩いの場として開店させたものです。東松戸には銀行が新店舗開設、小学校の新設等新しい街づくりが始動しています。東松戸駅バスロータリーの真向いです。

レディースソフトボールチームが全国4位に(本郷谷市長談)
松戸市のレディースソフトボールチームが全国で4位になりました。これも快挙ですね。昔全国制覇をしたことがあるあるのですが、相当昔になります。
松戸市のソフトボール、小学生では今ロッテの涌井選手が在籍していたり、今でも小学生は、県内無敵ではないでしょうか!
レベルが高い。将来を期待しています。

硬式テニスチームが県都市対抗で優勝(本郷谷市長談)
硬式テニスチームが、県内の都市対抗で優勝。全国でベスト8になったことも.一方、ソフトテニスチーム、こちらは、男子、女子ともアベックで優勝、7年ぶりでした。
すごいですね、写真は、硬式テニスチームとの記念写真です。松戸は、テニスが盛んだけでなく、レベルの高い人がたくさんいます。ソフトテニスの全日本監督も松戸市民ですし、テニスフェスタに来た日本テニス協会のコーチも松戸出身でした。昔はプロテニスプレイヤーの平木理化さんもいたし大変なものです。
日本一テニスの盛んな街松戸も夢でないような気がします。

2015年10月の日記

12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月20162017

市政協力委員制度と言って、自治会から推薦があった人を市が市政協力員として任命し、回覧を回していただいたり、掲示板の掲示をお願いしている制度があります。
そして年に一回市の職員と市政協力員とが地域のテーマについて議論する市政懇談会が開催されます。いまさに開催の真っ最中で市内13か所で実施されています。これからの少子高齢化社会を迎えるためには、自治会・町内会を中心とした地域力を強化していく必要があることから。昭和29年から続いたこの市政協力委員制度を廃止し、必要な業務は、自治会・町内会を通じて行う新たな制度に改正するための最後の詰めが行われています。写真は新松戸地区で行われた市政懇談会の様子です。

幼稚園関係者との懇談会(本郷谷市長談)
幼稚園関係者と幼稚園の保護者の方たちと懇親会を行いました。今回は、市政のお話しをさせていただくことが中心になりましたが、これからもこういった機会をたくさん設けて、いろんな話が聞けるようにして行きたいと思っています。

優秀提案を行った職員の表彰式が行われました
職員提案制度の表彰式が行われました。民間では当たり前の、職員の提案制度を市役所でも行っています。行政マンは、言われたことを間違いなくする手堅い人が評価され、リスクのある前向きな課題にチャレンジする人は低く評価される風潮があったので、これを変えるためです。
市役所の活性化と人材発掘が狙いです。

昨年から、市立松戸高校の国際人文科の1年生約40人が、マレーシアに数日間程短期留学することにしました。
今回で2回目ですが、これで、2年生のアメリカ留学と含めて高校生の間に2回海外に行ってホームステイを経験することになります。公立高校で2回行くところは珍しいとのこと。今、松戸市では、5年間英語と言って小学校5年生から英語をはじめていますが、これからの国際社会、子供達にとって語学は必需品、英語嫌いの子供を減らすためにも、市として、少しでも早く英語に親しめる環境を作りたいものです。写真は、表敬訪問してくれた子供達との記念写真です。

犯罪防止は落書き消しから(本郷谷市長談)
犯罪のないきれいな街にしようと、松戸警察柔道少年部と松警少年剣友会の小中学生が、松戸市内の落書き落としのボランティア活動に取り組んだんですね。1982年アメリカの犯罪学者ジョージケリング博士が”窓ガラス割れ理論”を発表しニューヨークで実践され成果をあげた理論があります。割れたガラスを放置するとたちまち町が荒れてくる、窓ガラスを割った少年が大人になって重犯罪を犯す傾向があるという理論です。
 松戸市竹ケ花の陸橋の壁面に書かれた落書きを少年ボランティアや保護者、流通経済大学の学生警察支援サークル「マップス」の方々約40人できれいにしたようです。すばらしいですね。 松戸警察柔道少年部そして少年剣友会は千葉県大会でも屈指の強豪です。武士道ここにあり、というところですね。

21世紀の森と広場を中心に開かれた、ポップカルチャー、光と風のマルシェ。

森と広場のほうには沢山のお店と子供たちの踊りなどで多くの人が秋を楽しんでいました。夜にはアニソングイチバンの舞台。初めて若い女の子たちの舞台を見ましたが、森の大ホールいっぱいのお客さんはほとんどが男の子?男の人ばっかり。座席指定なのにオールスタンディング゛。オールスタンディングの意味がよくわかりました。場内でのイベントは暗くて写真はうまく撮れませんでした。

本郷谷市長が千葉大学で講義
松戸市は千葉大と総合的な協力協定を結んで、いろんな面で千葉大の協力を得ていますが、年に1回、学生を相手に講義をすることにもなっています。
今年は、松戸市の戦略についてというテーマで講義をしました。学生に、もっともっと地方自治体の現状を知っていただき、興味を持っていただきたいという趣旨です。居眠りをしている人もなく、みんな真剣に聞いてくれました。

松戸ロングスティ海外アーティスト決定(本郷谷市長談)
今回で3回目になりますが、松戸にロングステイして芸術活動をする若手の芸術家を世界に向けて公募したところ世界55か国から251組の申し込みがあり、今年はポルトガルの34歳の男性マウラオさんが選ばれました。11月1日から3カ月間松戸に滞在する予定です。マウラオさんの作品プランは、路上インタビューで情報を集めた後、思い出や物語が詰まった絵を描き、その絵を拡大し、壁画として展示するというものです。どんな作品ができるか今から楽しみです。

王子神社が焼失。放火の疑い(本郷谷市長談)
馬橋の万満寺の隣にある神社、王子神社が全焼しました。王子神社は万満寺と同じぐらいにできた神社で、松戸神社、小金の八坂神社と王子神社が松戸市内でも最も古い神社になるそうです。松戸市にとって大変な財産が焼失したものです。同じ日に主水新田の方でも神社の一部が火災にあったことから、放火の疑いがあります。とんでもない輩がいるものです。放火魔は、常習性があって、これからも放火を繰り返す恐れがありますので、神社関係者の方は是非、放火に気を付けてください。

松戸駅西口に児童送迎ステーション「アクセプト松戸」をオープン(本郷谷市長談)

松戸駅西口に、保育園待機児童解消のための送迎ステーションを開設しました。
送迎のため子供を一時預かる『アクセプト松戸ステーション』を開設し、午前7時から8時15分まで子供を預かり、専用の送迎バスで東松戸地区など空きのある保育園で昼間は保育し、再び送迎し、ステーションでは午後7時まで預かるというものです。どうしても保育需要には地域による偏りができますから、送迎バスを利用して、皆さんの要望に応えようとするものです。これからも子育て環境の整備に全力を挙げます。

幻の「神幸祭」が10月18日に行われます。
松戸神社の神幸祭を皆さまご存知ですか。この神幸祭は『四神像』を伴った祭礼で、古代の皇室祭祀にも繋がる『四神』が、神霊の行幸の御列に加わり、その威儀を整えるという、全国的に非常に珍しいものです。江戸時代に行っていたものが戦後の混乱期で途絶えたいたのですが、偶然倉庫の中から4神の像が見つかったことから、平成に入って再興したものです。氏子中有志の熱烈な尽力が実を結び、平成2年より再興し、現在までに5回を数えています。この幻の神幸祭りが10月18日(日)に行われます。次回は5年後だそうです。500人ほどが練り歩く必見の価値のあるお祭りです。

2015年9月の日記

12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月20162017

東松戸祭りも今年で8回目です。
この祭りは実行委員の中心メンバーが自治会になっています。松戸市に残された最後の人口増が期待できる地域がこの東松戸駅を中心とした北総線沿線です。市としても街づくりに力を入れていきたいと思っています。年明けには東松戸駅前に千葉興業銀行の支店が開店します。また、東松戸小学校も開校します。病院建設予定地には新しいマンションが建設されます。まだ先にはなりますが北千葉道路の開通、3-37道路も延伸されてきます。

今年も各地で敬老を祝う会が開催されました。
松戸市では100歳を超えた方は160人。毎年長寿になってきているのですが、問題は男性が少ないということです。160人のうち男性は30人。もっともっと男性に外に出て活躍し、長生きしていただきたいものです。

小金小学校で毎年開かれる、わくわく探検隊。
4年生と5年生のために、6年生と地域の人が準備をして、江戸時代の旧家や小金通りの今昔等、住んでいる街の再発見をしてもらう会です。
又、小金北中学校では世代交流会を行っています。こちらは、和太鼓、マジック、写真、ギターなど30種類ほどの講座を用意し、子供たちに日頃経験できない講座を受けてもらうものです。
いずれも地域の人の支援がなくては続かないものです。

将棋団体戦小学校の部で相模台小が全国優勝
文部科学大臣杯将棋団体戦(小学校の部)で松戸市相模台小(渡辺晴磨、山口拓也、渡辺歩高)が全国初優勝しました。おめでとうございます。
将来は名人目指して頑張ってください。

松戸みどりライオンズの10周年記念
松戸みどりライオンズの10周年記念式典がありました。松戸市にも多くのライオンズクラブ・ロータリークラブがあり社会奉仕活動を続けていただいていていますが、女性だけのクラブは、このみどりライオンズクラブだけです。アイバンクへの寄付や、高齢者、障害者への支援活動を続けていただいていますが、このクラブには、女性ならでわの心の温かさを感じます。10周年といわずこれからも活発に活動してください。

本年1回目の『まちづくり委員会』開催
昨年1年間かけて、松戸市周辺のまちづくり構想をまとめていただきました。松戸駅周辺を新しくしていこうというこの構想は、市民皆様方から大変好評でした。市民の皆様方の期待の大きさが伝わってくるようです。今年は、それを一つづつ具体化していく作業になります。総論賛成各論反対にならないような、素晴らしい案を答申していただけることを期待しています。

2015年8月の日記

12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月20162017

韓国テグ市とのスポーツ交流会(本郷谷市長談)
韓国の3番目に人口の多いまち、テグ市とのスポーツ交流会。年に一度、中学生が行ったり、来たりして親善を図っています。今回は、バレーボールチームが来訪しました。松戸市としての海外交流は、姉妹都市としてのオーストラリアのホワイトホース市と韓国のテグ市とのスポーツ交流だけで、少しさびしい気もします。これから、もっと海外のまちと友好関係を結べればと思っています。

鳥取県倉吉市の子供達との交流会
20世紀ナシの発祥の地松戸と、20世紀ナシの産地倉吉市との間で、20世紀ナシを通じた友好関係を構築し、子供たちの交流会などを行っています。
今年は倉吉の子供たちが松戸市を訪れ、2泊3日の交流を行っています。子供たちにとって思い出深い交流になるといいと思います。

防犯指導委員の委嘱式が行われました
松戸市には1000人の防犯指導員との委嘱状交付式が行われました。
松戸市は犯罪の多いまちといわれていましたが、防犯指導員の活躍、防犯カメラの設置等で最近犯罪件数が大幅に減少してきています。

みのりちゃんのピンバッジのお披露目
松戸市産の農作物の中で、農薬の使用など一定の条件をクリアした農産物だけにみどりちゃんのマークをつけることが許されています。みどりちゃんのゆるきゃらは市の行事でいろんなところに登場し、子供たちに喜んでいただいています。さらにいっそうのPRのためピンバッジが作られました。

松戸の企業様と物資供給協定(本郷谷市長談)
セブンイレブンとの災害時の物資供給協定締結3.11以降、災害時に備えた体制整備を進めてきていますが、その中で、災害時に優先して物資を供給していただくための協定も進めています。今回、セブンイレブンとの協定ですが、これ以外にも、マツモトキヨシ、山崎製パン、イオン、生活協同組合など物資・飲料水の供給協定だけでも23社等になっています。災害時に備え今から準備しておくことが大事だと思っています。

市政懇談会を4ケ所で開催しました。
市内を13地区に分けて、各地区の市政協力員と意見交換をする、市政懇談会がスタートしました。夏に半分、秋に半分実施します。
テーマは、各地域から提案されたテーマをもとに意見交換するものですが。今年は、市政協力員制度の廃止についての質問が一番多かったです。

甲子園での専松の相手が決まりました。
7日(金)8時から花巻東です。花巻東は、あの大谷選手や菊池雄星を輩出した名門で、今年も、大谷以上といわれる高橋選手がいて優勝候補の一角です。花巻東を負かして快進撃を期待します。私は甲子園で応援します。皆さんも応援してください。

全国高校野球4番目の激選となる千葉予選において170校が極暑の中熱戦を繰り広げました。
専修大学松戸高校が見事優勝。松戸市から初めて甲子園出場となりました。お目出とうございます、そして有難とうございます。

2015年7月の日記

12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月20162017

松戸で子供向けのアートの花開くイベントが、今年は中央公園で開催されました。
聖徳大学の生徒が中心になって開くアートイベントですが、今年から、千葉大の留学生も参加して開催されました。大変暑い日でしたが、子供たちは好奇心から自分で遊びをする方法を知っています。自由にさせるのが一番だと再確認しました。



高校野球の千葉県予選が佳境に入ってきました。
21日の段階で、ベスト8に残っている松戸勢は、専修大学松戸高校だけになってしまいましたが、ぜひ優勝してほしいと思います。優勝すれば、必ず甲子園に応援に行きます。優勝させてください。写真は、市立松戸高校のエース原島君、応援むなしく負けてしまいましたが、いい思い出をたくさん作った野球生活だったと思います。これからもがんばってください。

まつど女子オープンテニス
年に一度松戸で開催される公式オープンテニスが開催されました。日本全国からトッププレーヤ64名が集まり熱い戦いが繰り広げられました。
松戸でこんなにレベルの高い試合をしているのかと驚きました。

長崎平和記念式典への平和大使長崎派遣本郷谷市長談)
毎年、希望者の中から抽選で、平和大使として中学生を長崎に派遣しています。行く前の応募の動機と、帰ってきてからの報告を聞くと、その内容の違いに驚かされます。
実際に現地に行って見て感じとる事が大切なのです。



地域ケア会議を開催しました。
高齢化社会に対応する、医療介護体制を構築するための会議ですが、医療介護関係者だけでなく、地域で力になっていただける、自治会、町内会、社会福祉協議会、民生委員、はつらつクラブ、事業者など地域のみんなの力を合わせて高齢者を支えていく仕組みを作ることの重要性を常にお話しさせて頂いています。

オーストラリア・クーナン高校への海外研修(本郷谷市長談)
松戸市立高校の夏季海外研修、希望者の提携校クーナン高校(オーストラリア)への派遣事業ですが、年を追うごとに、元気になっていくように思います。

市政協力制度見直し本郷谷市長談)
市政協力員の代表者会議。市政協力員とは、市の業務をお願いしたり、地域の課題を市と協議したりするための制度ですが、来年で実質的な廃止を考えています。市の仕事を個人に頼むのではなく、自治会町内会に直接お願いすることによって、地域力を強化したいからです。

2015年6月の日記

12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月20162017

JICAの青年海外協力隊員として、アフリカのガボンに派遣される、松戸在住の辻あすみさん(22歳)が市長室に来られました。
 大学の水産学部を卒業された辻さんは、現地でテラピアの養殖を確立し食糧問題に貢献したいとの思いを語ってくれました。すばらしい行動力に感銘を受けるとともに現地でのご活躍にエールを贈ります。

船橋、市川、柏を含む東葛飾地区7市の消防団の競技大会があり、小型ポンプ部門で松戸市が2年連続で優勝し、県大会の出場権を得ました。
昨年は、県大会で惜しくも準優勝でしたが、今年はぜひ優勝して頂きたいですね。松戸市の消防団の操法技術・志気の高さに熱いものを感じます。

秋山地区の消防センターの落成式。
右奥に見えるのが新消防センターで1階が車庫、2階が休憩室になっています。
昔は、消防団員になることが、一人前になった証とされ、待機者も出ていたそうです。しかし、昨今は希望者が減ってきていますが、地域の人の命と財産を守る活動は重要です。松戸の安心を背負って頑張ってください。  

少年少女レスリング県大会に参加しました。
といってもレスリングしたわけではないですよ。低学年は女の子のほうが強そう。そういえば、私も小学校3年生の時女の子に泣かされて悔し涙を流したことがありました。今にしてみればこれが契機なって男らしいラグビーへの道が芽生えたのかもしれません。

元鳥取県知事の片山善博市を呼んでの、図書館シンポジウム。
『20世紀なし』発祥の地松戸と『20世紀なし』特産
の鳥取県は、友好関係にあります。片山さんが知事の時にも松戸に何回か来ていただいて友好を深めたことがありました。これからも宜しくお願いします。

小金原保育の会創立40周年記念。
小金原の人口が急増していたころ、近くに保育所が十分になく、自分たちの子供は自分たちで育てていこうという会が立ち上がり、保育の会が今日まで運営されてきました。子供にやさしい街づくりの原点を感じとりました。

北松戸小学校で行われた市長杯争奪ドッジボール大会。
私もドッジボールが好きで、大人になってもドッジボール大会に出ていました。そして、最後にボールをあて声をかけた人が今の家内です。どこでどんな縁があるかわかりませんね。

21世紀の森と広場でホタルの会が開かれました。
昨年と同様、雨の中の鑑賞会でしたが、長年の成果で21世紀の森と広場にいついたホタルもいるそうです。

松戸花壇づくりネットワークが国交省の大臣表彰をいただきました。
種から育てて、花壇作りをして頂いて、頭が下がる思いです。市役所だけでは街づくりはできません。
市民の方々の小さな努力の積み重ねがあってこそ、初めて街に水がいきわたり種が芽生えそして花が咲くのですね。

健康と体つくりフェスティバルの開会式の準備体操。
私の手は曲がってますね。

国のかたちとコミュニティを考える市長の会の進行役を担当しました。
テーマは福祉でしたが、福祉にとどまらず、経済、政治もすべてがかかわるテーマでした。
とてもすばらしい会議になったと思います。

放課後児童クラブのバーベキュー大会に参加しました。
子供たちはいつでも元気ですがバーベキューとなると元気度がピークになりますね。松戸市は、放課後児童クラブの環境整備が遅れている!仕事の事を思い出しました。頑張るぞ。

小学校1・2年生と女の子のサッカー大会です。
たいへんな暑さの中で、将来のなでしこジャパン目指してボールを追っかけています。

松戸市のオリンピック・パラリンピック推進委員の会議です。
どこかのオリンピックチームが松戸市の施設を利用してもらえないか作戦を練っています。

さつきの展示会場を見学しました。
色で人を魅了し、香りで人の緊張をほぐしてくれる、とても素敵な空間でした。一色の皐月もきれいですが、一つの木にいろんな色・形・模様の花がある皐月は必見です。

2015年5月の日記

12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月20162017

クック諸島から来賓
太平洋にある人口2万弱のクック諸島のプナ首相が、清掃工場の見学にみえる予定でしたが、首相が体調を崩されたということで、急遽秘書官だけの見学でしたが、松戸市民とクック諸島の皆様にとってこれを機会に友情が芽生えることを祈念している旨をプナ首相に伝えていただけるようにお願いしました。

PTA連絡協議会の総会に出席(本郷谷市長談)
今年1校増えて、公立小・中学校64校中48校になりました。これからますます、学校、父兄、地域の人たちの協力が大切になります。PTAの皆様のご活躍を期待しています。

小金原少年消防クラブが大臣賞、消防局長表彰受賞
小金原少年消防クラブ・関係者が、大臣表彰・消防局長表彰を受けました。小金少年消防クラブは、松戸市唯一の少年消防団。地域を支える消防団の卵、大きく育ってください。

市役所でゴウヤを植えました(本郷谷市長談)
今年も市役所の緑のカーテン、ゴーヤの苗を植えました。7月には花が咲きます。昨年も宇宙かぼちゃとゴーヤに挑戦してゴーヤは沢山収穫できました。私でも育ちますので、皆さんも育てて緑の街にしてくださればうれしいです。

根木内公園で、子供たちと田植えをしました。
久しぶりの泥の感覚で、楽しかったです。

ネパール国際緊急医療チーム
去る4月25日に起きたネパール地震の日本医療チームのリーダーとして、松戸市立病院の救命医療センターの庄古センター長が派遣され戻ってきました。被災地が山岳地帯にあるため、医療支援も大変な場所での活動だったそうです。それでも、日本として初めて、手術用のテントを持ち込み、野外手術も行ったそうです。ただ、カトマンズの空港事情、カトマンズから山間の現地までの交通機関の問題から現地にたどり着くまでに5日、手術できるテント設営が完了するのに9日かかかったことが課題だったそうです。

松戸市唯一の姉妹都市、オーストラリアのホワイトホース市との年に1度の電話会見の模様です。
この日それぞれの地で、緑と友情の記念植樹を行いました。

今年の連休は、天気に恵まれ、市内各所でイベントが開催されました。
緑と花のフェスティバルでは開園前から花の苗を手に入れるために多くの人が来場されていました。 

こども祭りに参加しました。
子どたちと時をすごすと童心に帰りますね。

馬橋地区社会福祉協議会が開催され参加させて頂きました。
連休中にもかかわらずご苦労様です

少年ソフトボール大会が開催されました。
ロッテマリーンズで活躍している涌井もここからスタートしたのかな。

2015年4月の日記

12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月20162017

流通経済大学1年生への講義をしました。
この講義は毎年行っていますが、今年のテーマは、地域経済に貢献する産業(医療・介護・流通等)が重要になってくる旨お話ししました。熱心に耳を傾けてくれてありがとうございます。

メリーチョコレートが稔台工業団地に新しく工場を建設してくれる事になりました。
この祈念に、メリーチョコレートが稔台小学校に桜の木をプレゼントし植樹祭がおこなわれました。

松戸の宝塚スター、北翔海莉さんが市長室を訪れてくれました。
10月に東京宝塚で公演があるそうです。みんなで応援に行きましょう。


今週も、年度初めの事から、委嘱状、総会行事がたくさんありました。
この写真は、民生委員・児童委員の委嘱式の一コマです。

市内在住の石井富岳さんの鎌倉彫の個展での一コマです。
一つ市長室に飾らせて頂く事になりました。
ありがとうございます。

新松戸のお祭りです。
みんな楽しそうでした。
私もハッピを着て楽しみました。

校長会での挨拶です。
教育が学校教育だけでなく、子供達の私生活を含めて、また私立学校を含めて、松戸の子供達の教育の在り方を広く考えてほしい旨を話しました。

食生活改善委員の会です。
生活習慣病はまさに食生活に負うところが多いわけで、また食生活は子供のうちから気を付ける必要があることから、皆さんに大いに期待している旨を伝えました。

市役所職員として民間経験者で採用した人たちの発表会を行いました。
この4年間で民間経験者約100人採用しました。一度民間で経験した人のノウハウが市政発展に寄与すると期待しています。

   

いろいろな松戸の協会・団体の総会に参加させて頂きました。
写真はろうあ協会、保護司会、統計調査委員会、視覚障害者の総会でご挨拶させて頂いた時のものです。皆様ご苦労様です。た。

4月4日(土)5日(日)、八柱、常盤平、六実、八ヶ崎、国分川、など松戸市内全域でさくらまつりが開催されました。
この写真は、国分川のさくら祭りです。さくらは満開ですが、あいにくの雨、でも、さくらより団子、テントを張ってみんな楽しんでいました。

待機児童対策として、松戸市では、4月1日に普通の保育園を4園、さらに駅前小規模保育園(0〜2歳対象、定員19名)を4園新たに開園しました。
駅前小規模保育園は、松戸、北松戸、馬橋、八柱の駅前です。この写真は、馬橋駅の新ビルの1階にできた保育園の開園式の一コマです。みんな楽しそうでした。

これは、カーリングからできたカローリングという競技です。
ルールはカーリングとほぼ同じですが、体育館で、年齢や障害に関係なく皆で楽しめる競技です。結構楽しいですよ。

2015年3月の日記

12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月20162017

松戸市民にとって待ちに待った常磐線の東京乗り入れ。
当日は、ホーム上と西口でイベントを行いました。

松戸市子育てフェスティバルが開催され園児の前でご挨拶させて頂きました。
この子供たちのためにも頑張りますよ。

河津桜まつりは今年は天気にも櫻にも恵まれ良かったです。
櫻の下でお茶の手ほどきを神妙にお受けしました。

放射能に関するシンポジウムに参加しました。
3.11から早4年がたちましたが、原発から200キロ離れたこの松戸市でも大変苦労した4年間でした。

人生の節目節目に入学式と卒業式があります。
ゲストで参加するのですがいつも身が引き締まる思いです。保育園から大学までたくさんの卒業式に出席しました。

春を迎えて、あちこちでグランドゴルフ。
ホールインワンを狙ったのですが笑いはとれてもなかなかでした。

2015年2月の日記


12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月20162017

2014年度優秀児童生徒の市長・教育長表彰です。
今年も多くの方が全国レベルで活躍していただきました。特に、中学校の合唱・合奏の活躍は目覚ましいものがありました。

2015年度子育てフェスティバルのオープニングです。
今年も多くの人に来ていただきました。実行委員の、幼稚園、保育園、子育てコーディネーター等の関係者の皆様。常日頃の活躍にお礼を言いたいと思います。どうも有り難うございます。


2015年度成人式です。


成人式実行委員の皆様との記念写真です。松戸市の成人式は、成人を迎える人たちで企画して頂いています。これからも種々のアナイデアを取り入れて、成人を迎える人たちにとって思い出に残る日にして頂ければ私もうれしいです。

2015年書初め大会の表彰式です。
優秀作品は、市長室に展示してあって、市長室を訪れる多くのお客様に見ていただいています。これからも頑張ってください。

2015年さるすべり植樹式
常盤平団地にはさくら通り、ケヤキ通りなど、100選に選ばれた並木道がありますが、その一つに常盤平支所前にえんじゅ通りがあります。このえんじゅ通りの木が病気にかかって、植え替えることになり、地域の人にも参加して選定した結果、さるすべりの木を植えることになりました。10年20年もするとえんじゅ通りがさるすべり通りに名前が変わっているかも?

BMX世界ランキング2位の佐々木さんとの2ショット
BMXの世界で活躍されている方が松戸市にいるということを初めて知りました。これは大変なことです。みんなで応援しましょう。

2015年松戸市サッカー大会での優勝チームとの記念写真
  印象的だったのが、準優勝したチーム。大変悔しかったようで涙を流していました。この悔しさをバネに頑張ってください。


2015年セブンイレブンとの高齢者見守り活動に関する調印式後の記念写真
 市内のセブンイレブンの全店長が一堂に会しての調印式。
セブンイレブンが配送作業をしながら、高齢者の見守りをして頂ける事になりました。
 これからの高齢化社会、皆で助けあって行くことが何よりも大切だと思っています。セブンイレブンの皆様ありがとうございます。


2015年松戸市のラグビーチームの表敬訪問
 松戸市にもたくさんのラガーマンがいて、このチームで140人の子供たちがラグビーを楽しんでいるとの事。
今年のワールドカップ、そしてオリンピックの競技種目にもなって日本チームの活躍が期待されています。私も学生・社会人時代を通じラグビーに本気できました。心から頑張れエールをおくります。

2015年1月の日記

12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月20162017

久しぶりにテニスをしました。といっても、栗ヶ沢テニスコートへ「テニスクリニック」開催の挨拶に行って、少しフォームを見てもらいました。私のフォームどうですか?松戸市のテニスは、全国的にもレベルが高く、都市対抗で全国の上位入賞の力を持っています。「テニスのまち松戸」に相応しい活動をしています。

レディースソフトボールの開会式に行っての一コマ。いつもは始球式をするのですが、始球式では楽しくないので、打たせてもらいました。久しぶりの打席楽しかったです。松戸市のレディースソフトボールは全国大会で優勝した経験のある強豪チームです。最近は少し低迷していますが、それでも沢山の部員が元気に頑張っています。応援しています。

21世紀の森と広場で行われた子供フェスティバルの一コマ。子供たちの楽しい笑顔をみているとこちらも楽しくなります。


松戸駅西口のデッキの上で行われた、NPOの活動の一コマです。松戸は多くのNOPが活動し松戸の活力になっていただいています。まさに市民との協働の最先端です。



松戸市との姉妹都市、ホワイトホース市からの訪問者です。毎年松戸市の若者とホワイトホース市の若者との交流が行われていますし、5年に一度、行政としても相互訪問をしています。来年は、松戸市からホワイトホース市を訪れることになっています。多くの友人を作ってこようと思っています。

野菊野こども館を訪れた時の一コマです。みんな太鼓がとてもうまかったです。松戸市は子供館が少ないとよく陳情があります。おやこDE広場を中心とする入学前の施設は整ってきましたが、今後は、小学校入学後の子供たちの遊び場の充実が必要だと思っています。



学童保育の楽しいスポーツ大会、皆元気がよかったですよ。

国際交流協会主催の、「まつど国際文化大使」の委嘱式の一コマです。松戸市には35名の大使がみえて、各国と松戸市との橋渡しをしてくれています。松戸市も文化都市に相応しい、国際都市化が進むといいですね。

野菊野こども館でのイベントの一コマです。子供たちが自分で企画して楽しく遊んでいました。