6000人ほどの申し込みがあった七草マラソンは大変な盛り上がりをみせました。早稲田のキャプテンで、箱根駅伝で5区を走った安井さん、松戸市がホームタウンになっているルーマニアの大使も一緒に走られました。 9月21日、22日の両日、ルーマニアのオリンピック委員会の委員長、陸上競技の委員長らが松戸市の施設の視察に見えました。 敬老の集い。今年松戸市で100歳を迎えられる方が約80人おられます。 健康でさらなる長生きをしてください。 6号線から八ヶ崎に至る3-3-6が開通しました。開通まで15年がかかりました。開通によって、馬橋のさくら通りの混雑が緩和されるだけでなく、新市立病院が開院した時も大きな戦力となります。 商工会議所からドライブレコーダー20台の寄付がありました。子供たちを犯罪から守るため、市の車に掲載してほしいということで寄付がありました。商工会議所として会員5000社に対しても、ドライブレコーダーの掲載を推奨するそうです。市民皆さんがそれぞれの立場でできることをすることが結果的に子供を守ることになります。 食欲の秋、スポーツの秋、文化の秋です。松戸では各地で運動会や文化祭が開催されます。 東京ゲームショウに市と松戸の若者起業家とともに出典。 テコンドーで椿選手が世界MVP、荒俣選手がジュニア選手権でチャンピオンに JCOMテレビで松戸が全国放映されました 新京成の元山駅と上本郷駅の駅舎内に、小規模保育所(0~2歳児)を開設しました。駅舎内に保育所が開所するのは県内初だそうです。 わーくはぴねす農園『松戸ファーム』が高塚新田に開園しました。

2018年10月

わーくはぴねす農園『松戸ファーム』が高塚新田に開園しました。
株式会社エスプールが事業展開するわーくはぴねす農園とは、障害者の支援を行いたい企業と社会で働きたい障害者を結び付けるものです。企業においては、障害者にそれぞれ合った仕事を確保することが難しい中、障害者が企業の社員として農園で働ける環境を提供する事になり又農園事業が展開できます。障害者にとっては、企業の社員として身分が保障され、やりがいの持てる仕事を行えます。
すばらしいPJです。

本郷谷けんじ後援会Facebook

後援会広報誌

本郷谷けんじの活動を多少なりとも、ご理解いただけると幸いです。
トップページメニューの“後援会広報誌”から、もしくは下記画像よりご覧下さい。

本郷谷けんじ後援会 会報誌 26号